KakiBlog
 
Takanobu Sawagaki
 
in englishin japanese
Blog Topics

Blog Latest Entries
Blog Latest Comments
Contact
Takanobu Sawagaki Ph D
::Contact::
Counter
Today
Yesterday
Total
From 2005/04/01
  • RSS
2006/11/4 (Sat)
DROMLAN   
10月中旬以来,出入りはあったものの,ほぼ半月を過ごした雪鳥小屋を撤収して,お昼過ぎに昭和基地に帰投.ラングホブデ沖での掘削はまだ残っているので,機材だけ次の場所に移動させておく.

留守中にL/Sバンド衛星受信用のワークステーションが落ちたことを無線連絡で知らされていて,出先ではヒヤヒヤしたが,国内からの対応でなんとか復旧していたようで一安心.

7日からVLBI観測があるため,休む間もなく準備を始める.まずは先月末にできなかった水素メーザーのチェック.他にも溜まった仕事がいろいろ.海氷GPS用のバッテリーを受電し,メールや国内からの仕事を片付け,10月の月例報告を仕上げる.11月も忙しい.

夕食後にS17組が帰投.これで大陸方面の準備オペレーションも終了した.あとは夏隊と航空隊を待つのみ.実はS17は11カ国からなる国際共同事業「The Dronning Maud Land Air Network(DROMLAN):ドロンニングモードランド航空網計画」の中で航空拠点の一つとして位置づけられつつある.ドーム隊はすでにその機構を利用して航空機で現地入りしているわけだが,JARE47と48は特に,S17が拠点としてうまく使えるかどうかのテストケースになる様相である.

今次でのS17組の仕事ぶりをみていると,どうも本職以外の使いっ走りをさせられているような感じがしてかわいそうな気がする.それも非常にきつい仕事を...JAREは越冬航空機の所有をなくしてしまったけれど,S17組の様子を傍目で見ている限りでは,今後はこれまでの航空担当隊員に代わってDROMLAN対応を専門とする「航空拠点担当隊員」を設けたほうがよいように思ってしまう.もしそうなれば,語学と社交性と航空事情に詳しい人が必要だと思うが,なかなか難しい役割になることは間違いない.


2006/11/3 (Fri)
望み薄   
image気温が高く日差しも強いが,風が冷たくて寒く感じる.それでも海氷は確実に柔らかくなっているし,表面に汚れのあるところは融け始めている.

イットレホブデホルメン西方で掘削を実施.採取できたのは1mにもみたず.コアラーのヘッドがボロボロになった.

小屋泊まりでの探査計画はここまで.機材を撤収して最後の小屋の夜を過ごす.もう一年越冬したい気分.


2006/11/2 (Thu)
イットレホブデホルメン西方で音響探査を実施.サイドスキャンソナーまではよかったが,サブボトムプロファイラーがまたまた不調.信号線以外のどこかが逝ってしまった模様.

これ以上の音響探査をあきらめて,掘削準備へ移行.


imageイットレホブデホルメン西側にて海氷掘削及び探査用ウインチの設置.

この近くにはアザラシの親子が数組いる.


2006/10/31 (Tue)
ほぼ10日間にわたる格闘の末,ようやくコアが採れた.2m足らずの短いものだが,最深部にはTillとの境界らしきものが含まれていた.帰国後の分析結果が楽しみ.

image 機材を撤収して,次の探査場所へ移動させる.次のターゲットはここよりも5kmほど沖合の,イットレホブデホルメン島という,なんだが舌をかみそうになる名前の島の近く.ペンギンのルッカリーがあるので,センサス調査用のルートが延びている場所.

そういえば,ラングホブデに再出発する前に,今次隊でのルート工作が終了していた.最後にできたのはペンギンセンサス用のルートで,西オングル島を回り込んで,ラングホブデルートと並行して南方へ延びている.このルートの南の終点付近が今度の探査場所になる.


Copyrights © 1995-2020 T.Sawagaki